FC2ブログ
2011.04.09 老い
昨年の12月に実家の父が脳梗塞で倒れました。
それから4ヶ月ほど経ちますが、まだ入院しています。
左半身にマヒがあり、口から食物を取る事ができません。
入院当初は、リハビリとかで普通の生活ができるようになるかなあ、と思っていた
のですが、リハビリもあまり進んでいません。

同年代の友達の間でもこの歳になると「介護」という言葉をよく聞くようになりました。
なぜか両親とも元気だったのであまり心配していませんでした。

でも、まさか急にこんなことになるとは。。。。

この父の入院をきっかけに、母の病気が発見されました。
昨年の夏くらいから、なんとなくおかしい、と思うことはあったのですが、
「ボケたんじゃないの~」と冗談を言っているくらいで済ませていたんです。
でも、父が倒れた後急速に症状が進行し、検査をしたところ、

アルツハイマー型の認知症

であることがわかりました。
検査したところでは、2年ほど前から脳の萎縮が始まっていたということです。

父が救急車で運ばれたことも覚えていませんし、たまに父が入院していることも
忘れて「今日お父さんは仕事だっけ?」と言ったりします。
(仕事は何年も前に引退してます)

実家は二世帯住宅で、兄の家族と両親は1階と2階で別々に生活していました。
玄関も別々なので、月に1度くらい一緒に食事をするくらいで、わりとクールな
関係だったようです。
でも、父の入院で母が1人になり認知症で目が離せないので、今は1階で寝泊りし、
食事も一緒にしています。
兄も義姉も手を焼いているようです。
特にお義姉さんは疲れきっています。
私も毎週通っています。
父のお見舞いとか、母の様子を見にいくとかいうことより、
「お義姉さんを解放するため」に行っている感じです。
実家はさいたまで往復4時間かかるので、ほんの4,5時間くらいしか代わることは
できないけど、お義姉さんにとってはそれだけでも解放されるのは助かるようです。
毎日毎日母の面倒を見てくれることに本当に感謝します。。。。

このことは、家族以外にはほとんど話していません。
職場の人も実家の事情は知りません。
なので、今新学期を迎えて忙しい中休みをもらうのも苦労してます。

このブログでも触れてきませんでした。
(というか更新してませんでしたが・・・・)

でも、先日ある方に話しを聞いてもらい、少し気が楽になったので、ブログでも
書いてみようかな。。と思ったのです。
自分だけで悩んでいてもよくないな、と思いました。

このことについては、一度では書ききれないので、また後日続きを書きます。
2011.03.30 原発
110330_0116~01

もう大分昔のことですが、高校時代なぜか私は「原発」「放射能」とかいうことに興味があり、
この辺りの本を読み漁っていました。
といっても軽めの岩波新書とかブルーバックスが多かったです。

ほとんどの本は実家に置いてきたか処分したと思うのですが、本棚を見てみたら何冊か
ありました。
すでに絶版になっている、岩波新書「原子力発電」「放射線と人間」「プルトニウムの恐怖」。
今回の原発の騒動で思い出して久しぶりに読み返してみました。
ところどころに赤鉛筆でラインが引いてあったりします。
なにやってたんだろ私?

そういえば、大学受験の時に1校だけ医療系の放射線学科を受験しました。
放射線技師の国家試験の受験資格が得られる大学です。
あまり親にも相談せずに受験したのですが、合格したものの母親に進学は反対されました。
やはり危険な仕事、というイメージがあったのだと思います。
当時は3年制の短大で(今は4年制)、遊ぶ間もないくらい勉強が大変とか言われていたので、
結局普通に大学生活が送りたいと思って、原子核物理とか素粒子物理とかを学びたいと思い、
物理学科に進みました。
それでやりたいことができたかというと、そうでもなかったのですが。。。。
半期だけだったと思いますが、放射線実験という授業を取っていました。
赤と黄色の危険マークが描かれた厚い扉の中にある実験室で、実際に危ないものを扱ったり
していたように思います。
実験室に入る時は、白衣のポケットに放射線の計数管をつけて、実験中にどのくらい被爆したか
を毎回必ず報告していました。
計数管が壊れていてとんでもない数値が出て真っ青になってた友達がいたり。。。

もう数十年も前のことでこれらのことはただの思い出ですが、今目の前で起こっている原発事故は
とても深刻なものだと思います。
報道で触れていない「これから起こる危険なこと」は可能性としては山ほどあると思います。
それを防ぐために必死にがんばっている現場の方々だってかなりやばい状況にあると思います。
原子力が人間によって利用されるということ(最初は軍事目的だったかもしれないけど)、
これを発見してしまったことが人間に大きな不幸をもたらすことだったのかもしれません。

2011.03.24 卒業式
K大は今日卒業式の予定でしたが、中止になってしまいました。
式の経費の一部は震災の義援金にするそうです。

でも朝キャンパスには袴姿の女子学生がチラホラ。
昼頃には結構たくさんの学生が来ていて、諭吉像の前で写真を撮ったり
してました。

式は中止になってしまったけど、思い出のキャンパスで写真を撮りたかった
んでしょうね。
たぶん袴を着る機会も他にはほとんどないでしょうし。
親子連れも多かったです。

今年はいろんなことが予定通りに行われないでしょう。
こんなこともありますよね。
いろいろ考える機会だと思います。
2011.03.21 大震災
長い間更新をさぼっていました。
ここまで長いことあいてしまうと実は書きにくくなっていたのですが、やはり日記と
しても意味のあるブログなのでがんばって続けて行こうと思います。

10日前に東北地方に未曾有の震災が訪れました。
想像を超える被害の大きさと被災された方々のことを思うと胸が痛みます。

この大地震に襲われた時、私は試験休み中の次女と一緒に池袋のサンシャインシティ
にいました。
その後お店も全部閉店してしまい、何も情報が得られないまま駅に行ってみると、
池袋駅は人で溢れかえって大変なことになっていました。
電車がすべて止まっているとのこと。
まさかこの後深夜までこんな状態とは思わず、しばらくしたら動き出すだろうくらいに
思って、とりあえずどこかでお茶することに。(のんきな親子です。。。。)
携帯だけが頼りなので、充電器は持っていましたが電池がなくなるかと思い、コンビニで
電池を買ってガストに入りました。(このときは電池は棚いっぱいにあったんですよ。)
やっと落ち着いて携帯でいろいろ見てたら、なんだか東北地方が大変なことになっている
らしい。。。

家族ともなかなか連絡が取れず心配でしたが、主人とはメールが通じて、無事を確認。
群馬に合宿に行っている長女とはメールが通じなかったのですが、私のmixiのつぶやきに
コメントしてくれて、それで無事を確認できました。
私が長女に送ったメールは次の日にドバっと届いたらしいです。

余震にびくびくしながら1時間半ほど経ったら「JRは終日運休」との情報が。。。。
この時点で7時くらい。
これはまずい!帰る方法を考えなくては!と店を飛び出したけど、バス乗り場は
「何千人いるの?」というくらいの大行列です。
渋谷行きのバスに3時間くらい並んだけど乗れませんでした。。。。
携帯を使いまくっていたので電池を買い足そうとコンビニに行ったけどもうすべて売り切れ。
auショップが無料で充電器を貸し出していましたが、20人くらい群がっていたので、
あきらめて残った電池を大事に使うことにしました。

もう帰ることはあきらめて朝までやっているお店を探してやっと暖かいところで落ち着けたと
思ったらそこも1時間ほどで追い出されてしまいました。(泣)
なんでも避難勧告が出たとか。
この時点で12時半くらい。

とりあえず池袋駅に行ってみると、座り込んでる人がいーっぱい。
JRは完全に止まってましたが、なんと副都心線が運転再開!
そして副都心線で渋谷に出たら東横線が運転再開!

というわけで2時過ぎに無事帰ってこれました。

途中、バス並んでいるときは寒くて、こんなに並んでいるくらいなら歩いて帰ろうか
とも思いましたが、待っててよかった。
ドンキホーテが携帯カイロを配ってくれていたのがありがたかったです。

それと娘と一緒でよかった。
次女はのんきで明るい子なので一緒にいて救われた気がします。

停電とか買占めによる物不足とか、なかなか元の生活に戻れずにいますが、冷静に
周りの動向をとらえて、自分のできることをやっていくしかないかな、と思っています。
仕事は停電の影響で不安定です。先週は3日しか出てません。
今週はどうなるかな。。。。
2010.12.11 eco-book
101211_0808~01


来週からパートしてる書店で文庫のバンドルセールが始まります。
文庫が3冊以上で15%オフになります。
年に何回かあるこのセールでいつもまとめ買いしているので、今回も欲しい本をリストアップして、
在庫のないものは取り寄せたりして買うつもりです。

が。。。。

昨日、娘と立ち寄った文教堂でeco-bookなるものを発見。
早い話が古本です。
新刊書店で古本置いてるんですね。
店頭には「○%で買い取ります」みたいな表示もあるし。
なんか違和感。。。
店の入り口に文庫100円のワゴンがあって、そこで前から読みたかった「向日葵の咲かない夏」を
発見。来週からのセールで買おうかと思ってた本です。

カッチャオ(´・ω・`)

もう1冊選んで2冊をレジに持っていったら。

「100円です」と。

え???

なんと今eco-bookフェアをやっていて、さらに半額になってました。
2冊で100円とは!

ブックオフとかこういうeco-bookだとか拡大してきたら、定価で本を買う人どんどん減っちゃい
ますね。
まぁでも本を買う人がいないと中古にも回らないわけですけど。
電子書籍が本格的にサービスを開始してきた今、書店はどうなっちゃうんだろう。
個人経営の書店とかはどんどん消えていくんでしょうね。
大学生協は「教科書」という揺るがないものがあるので大丈夫だとは思いますが、、、、