FC2ブログ
2007.06.25 音のオーラ
クラシックギターのサークルに加入してそろそろ4ヶ月になります。
メンバーの方々のお顔と名前も大体一致してきたところです。
(歳を取ると、名前覚えが悪くなっていけませんね。。。。)

昨日は練習日だったのですが、途中から、休部されている方が来られました。
まだ加入したばかりの頃、一度だけ練習でお会いしたことがあります。
まだ右も左もわからない状態のその頃、なんかその方の演奏にキラリと光る
ものを感じたのを覚えています。
その後、メンバーの方から伺ったところ、学生時代からクラシックギターを
かなりやられていて、最近はソロアコースティックギターも弾かれている
とのこと。

その方は、パートは3rdで、低音部主体の、メロディーよりもバッキング
を弾くことが多いパートなのですが、ものすごい存在感があるのです。
昨日の参加者は15人なので、1/15のはずなのに、半分くらいを占めて
いるんじゃないかというくらいの存在感です。
音量も確かに大きいのですが、音に「オーラ」があるのです。
途中から来られて、彼が合奏に加わると、全体の雰囲気が変わりました。
彼の演奏にぐいぐい引っ張られます。

バンドでも、合奏でも、1人こういう人がいると全体が向上する気がします。
客席で見ていたら、ついつい目がいっちゃうでしょうね。
私はどちらかというと、埋もれていたい方です。(^^;)

この方、都合で毎回練習に参加するのは無理らしいので残念です。
ぜひまた一緒に演奏したいです~。
Secret

TrackBackURL
→http://purplelady.blog73.fc2.com/tb.php/68-364395d1