上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.09 老い
昨年の12月に実家の父が脳梗塞で倒れました。
それから4ヶ月ほど経ちますが、まだ入院しています。
左半身にマヒがあり、口から食物を取る事ができません。
入院当初は、リハビリとかで普通の生活ができるようになるかなあ、と思っていた
のですが、リハビリもあまり進んでいません。

同年代の友達の間でもこの歳になると「介護」という言葉をよく聞くようになりました。
なぜか両親とも元気だったのであまり心配していませんでした。

でも、まさか急にこんなことになるとは。。。。

この父の入院をきっかけに、母の病気が発見されました。
昨年の夏くらいから、なんとなくおかしい、と思うことはあったのですが、
「ボケたんじゃないの~」と冗談を言っているくらいで済ませていたんです。
でも、父が倒れた後急速に症状が進行し、検査をしたところ、

アルツハイマー型の認知症

であることがわかりました。
検査したところでは、2年ほど前から脳の萎縮が始まっていたということです。

父が救急車で運ばれたことも覚えていませんし、たまに父が入院していることも
忘れて「今日お父さんは仕事だっけ?」と言ったりします。
(仕事は何年も前に引退してます)

実家は二世帯住宅で、兄の家族と両親は1階と2階で別々に生活していました。
玄関も別々なので、月に1度くらい一緒に食事をするくらいで、わりとクールな
関係だったようです。
でも、父の入院で母が1人になり認知症で目が離せないので、今は1階で寝泊りし、
食事も一緒にしています。
兄も義姉も手を焼いているようです。
特にお義姉さんは疲れきっています。
私も毎週通っています。
父のお見舞いとか、母の様子を見にいくとかいうことより、
「お義姉さんを解放するため」に行っている感じです。
実家はさいたまで往復4時間かかるので、ほんの4,5時間くらいしか代わることは
できないけど、お義姉さんにとってはそれだけでも解放されるのは助かるようです。
毎日毎日母の面倒を見てくれることに本当に感謝します。。。。

このことは、家族以外にはほとんど話していません。
職場の人も実家の事情は知りません。
なので、今新学期を迎えて忙しい中休みをもらうのも苦労してます。

このブログでも触れてきませんでした。
(というか更新してませんでしたが・・・・)

でも、先日ある方に話しを聞いてもらい、少し気が楽になったので、ブログでも
書いてみようかな。。と思ったのです。
自分だけで悩んでいてもよくないな、と思いました。

このことについては、一度では書ききれないので、また後日続きを書きます。
Secret

TrackBackURL
→http://purplelady.blog73.fc2.com/tb.php/316-22045de4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。