上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.11 eco-book
101211_0808~01


来週からパートしてる書店で文庫のバンドルセールが始まります。
文庫が3冊以上で15%オフになります。
年に何回かあるこのセールでいつもまとめ買いしているので、今回も欲しい本をリストアップして、
在庫のないものは取り寄せたりして買うつもりです。

が。。。。

昨日、娘と立ち寄った文教堂でeco-bookなるものを発見。
早い話が古本です。
新刊書店で古本置いてるんですね。
店頭には「○%で買い取ります」みたいな表示もあるし。
なんか違和感。。。
店の入り口に文庫100円のワゴンがあって、そこで前から読みたかった「向日葵の咲かない夏」を
発見。来週からのセールで買おうかと思ってた本です。

カッチャオ(´・ω・`)

もう1冊選んで2冊をレジに持っていったら。

「100円です」と。

え???

なんと今eco-bookフェアをやっていて、さらに半額になってました。
2冊で100円とは!

ブックオフとかこういうeco-bookだとか拡大してきたら、定価で本を買う人どんどん減っちゃい
ますね。
まぁでも本を買う人がいないと中古にも回らないわけですけど。
電子書籍が本格的にサービスを開始してきた今、書店はどうなっちゃうんだろう。
個人経営の書店とかはどんどん消えていくんでしょうね。
大学生協は「教科書」という揺るがないものがあるので大丈夫だとは思いますが、、、、


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。