FC2ブログ
寺井尚子さんのCDはたくさん聴いているけど、まだ生のライブに行ったことが
なかったワタクシ。
念願かなって、日曜日に関内ホールで行われたコンサートに行ってきました。
ほんとは、こじんまりしたジャズクラブで近くで見たかったのですが、たまたま
イープラスから「得チケ」のメールがきて、入場料5500円のところ3000円で
入れるというので行ってみることに。
当然席は悪いです。当日引換えだったのですが、1階の後ろから2番目。

寺井尚子カルテットでもうひとつのお目当ては、ドラムの中澤剛クン。
彼のドラム(ルックスも)すっごく好きなんです~~~。

バイオリンアンサンブルのジャズって、生で聴くのが始めてで(あたりまえか。。。)
最初、バイオリンの音がこもっていたのですが、こんなもんなのかな~と思いながら
聴いていると、途中からクリアな音になりました。
客が入らない状態でリハやってるので、音が変わるんでしょうね。PAさんも大変だ。

とにかく、激しい曲、優雅なバラード、超絶テクニックな曲、などなど、すばらしい演奏で、
あっというまの2時間でした。
アンコールでやったリベルタンゴは感動して震えがくるほどでした。
剛クンは、すっごい「仕事」してたなー。
フラプラのサポートでパーカッションやってる彼は、リラックスして楽しそうに見える
のですが、ちょっと違う雰囲気で、カッコよかったです~。

寺井さんのバイオリンは、リズムの取り方がかっこいいんですよね。
クラシックのバイオリニストは絶対あんな風には弾けないと思います。
ピアノの北島さんの演奏も超一流だし、このバンド、ほんとにすごいです。
今年、スイングジャーナル誌の投票で寺井尚子カルテットがCOMBO部門で1位に
選ばれたのもうなずけます。
あ、ちなみに剛クンもドラマー部門で11位だったんですよ~~~!

今度はこういうホールじゃなくて、ジャズクラブで聴いてみたいなぁ。
ライブはたくさんやっていていくらでも機会はあるので、そのうち。
スポンサーサイト