FC2ブログ
昨日、フィンガーピッキング・デイ2008がみなとみらいで行われました。
アマチュアのフィンガーピッカーによるギターコンテストです。
昨年は赤レンガのホールだったのですが、今年は会場が変わり、みなとみらいの
はまぎんヴィアマーレでした。

このイベント、普通に当日券で入ると3500円なのですが、知り合いに招待券を
用意していただいていたので、タダで入ることができました。
今年何度目でしょうか。。。ほんとに今年はタダライブのラッシュです。

しかし、私は当日バンドサークルのミーティングなどがあり、コンテストから観覧する
ことはできず、2部のプロの方による模範演奏、それも途中からの観覧となってしまい
ました。

昨日ライブを行ったのは、南澤大介さん、打田十紀夫さん、中川イサトさん、
ジャック・ストッツェムさんの4人です。
昨年は岸部さんが演奏されたのですが、今年は入っていなくてちょっと残念。
会場に着いた時は、打田十紀夫さんが演奏されている時でした。
しまった!南澤大介さんを聞き逃してしまった~~~!

打田さんの演奏は3曲聴くことができました。
軽快なラグタイムギターと、TABオリジナルのスライドバーを使った曲に加えて
トークの面白さが冴えていました。
打田さんのトークはホントに楽しいです。
ライブの楽しみの一つでもあります。

そして、中川イサトさん。
なんかマイケル・ヘッジズの曲とよく似ている曲がありました。
タッピングやボディヒッティング、、特殊な奏法を駆使した曲が多かったかな。
職人技的な演奏ですね。

今回は、ベルギーのギタリストジャック・ストッツェムがトリでした。
イサトさんとは古くからの友人のようです。
彼の演奏、良かったです~~。
立って弾くスタイルといい、サウンドといい、押尾コータローさんに似ている感じです。
速いフレーズも弾きこなすし、ロックな曲をアコギで弾くのもよかったです。

最後は全員でビートルズのCOME TOGETHERのセッションで大盛り上がりでした。

このイベント、最初のコンテストから見ると、なんと7時間もの長丁場なんですよね。
ご一緒した方々はコンテストから見ていたそうで、疲れていました。(笑)

来年こそは、コンテストから見てみたいなぁ。
スポンサーサイト