FC2ブログ
金曜日、横浜の「日吉Nap」で岸部眞明さんのライブがありました。
8月末に手首を骨折されて心配していましたが、いつもと変わらない
素晴らしい演奏でした!

ライブのMCでこの手首のことについてお話されていましたけど、
まだ完治はしていないようです。
治りにくい部分を骨折したそうなんです。
それでも、ギブスは半分に切断してもらって、パカっとはずして
一日2時間くらいギターを弾いていたというからすごいです。。。。

さて、ライブの内容ですが、1部は「hajimari」から始まり(笑)、
カヴァー曲が中心でした。
今、カヴァー曲の楽譜集(CD付き)を出す計画があって、いろんな曲
をアレンジしているそうです。
美しいメロディーで、岸部さんらしいアレンジの曲が多かったです。
なんとなく弾けそう!と思う曲もあったので、楽譜集が発売されたら
ぜひ買ってチャレンジしてみたいです。

2部はNHKの「富士山」の曲(CD奇跡の山)を中心に演奏されました。
今回、MCが少なかった気がする。。。
あの淡々としたMCが好きなんだけどな~。

日吉Napは音がとてもいいです。
リバーブがキツめの曲でもいやらしく聞こえません。
会場全体がきれいなギターの音で満ちている、って感じなのです。
まさに岸部ワールド。

そして、ライブ終了後「岸部さんを囲む会」に参加しました~。
最初は少し離れた席だったので、お話できなかったけど、途中から
近くの席になったので、いろいろお話できました!
(つか、最初12名いたのが、一人帰り、二人帰り、で結局最後
 の6人になりました。)
私の爪を見て「ギター弾かれるんですか?」と尋ねられたのは
さすが、ギタリストです。
爪を伸ばしている女性はたくさんいるけど右手だけ伸ばしてて、
左手は深爪っていうくらい短くしているのはやっぱり不自然ですよね。。。
あと、中国ツアーのお話とか、学生時代のお話とか、いろいろ聞く
ことができました。

でも、やっぱりギターの話になると、熱いです。
岸部さんはアポヤンドでほとんど弾かないそうで、その話になったら
とっても熱く語っていました。
「メロディーだからアポヤンド、というのではなく、ここはアポヤンドの
 音が欲しいからアポヤンドで弾く」と言っておられました。
また、「アポヤンドは弦を消音するから響きを消してしまう」というのは
納得しました!

私はアンサンブルで1stパートでメロディーを弾いているので、ほとんど
アポヤンドで弾いています。ソロギターとアンサンブルは違うので、
上記のことは当てはまらない部分もありますが、重音を響かせた方がいい
部分では気をつけてアルアイレで弾いてみようと思います。

金曜日に岸部さんのアルバム「Bloom」を買って、CDが5枚揃いました。
ライブ行く毎に1枚買っていたので、5回行ったんですね~。

ライブ終わったばかりだけど、もう次回が楽しみです!


スポンサーサイト