FC2ブログ
2007.06.04 主婦バンド
band

クラシックギターをやっていた私がバンドでギターをやるようになったきっ
かけをちょっとお話します。
ギター歴ではちょこっとだけ書きましたが、きっかけは子育てネット
でした。地域の子育てネット(まだインターネットが普及していない時代で、
NIFTYのフォーラムでした)で「ママさんバンドやりませんか?」という
書き込みがあったのです。その頃、次女がまだ入園前で自分はとてもバンド
活動なんかできない、と思って「昔バンドやってました。バンドやりたい
けど、うちはまだ子どもが小さくてムリなので、がんばってください。」
とメールしたところ、「是非やりましょう!」と誘われて、どうやらその方も
含め、反応があった人たちは皆こどもが小さいとのことで、その同じ条件で
できる範囲でやろうと説得され、少しの不安を持ちながら参加しました。
集まったのは4人。
・言い出しっぺのボーカル希望でギター初心者の人
・ベースでバンド経験ありの人
・ドラム希望(初心者)でバンド経験なしの人
・キーボードでバンド経験ありの私
実は、私はキーボードをやることになるのかと思っていました。ところが、
昔、クラシックギターをやっていた、と言ったらなぜかギターをやることに
なってしまいました。(ほとんど強引に)
ボーカルの人がギターを弾くと言っていたのですが、歌がメインでギターは
ちょっと弾く程度にしたかったらしいです。

むむむ。。。エレキギターか!

ドレミの位置は同じでも、奏法の違いに苦労することになるとはこのときは
思っていませんでした。

そして、言い出しっぺの人が、知り合いが通っているというスクールに見学
に連れて行ってくれました。
そこはYA〇〇HAのバンドスクールで、その名も「奥様バンドコース」!
ウソみたいだけど、本当にそういう名前のスクールがあったのです。
結局そのスクールに通いながらバンド練習をしていくことになりました。

4人中2人がバンド経験がなく、私もバンド経験はあってもエレキギターの
経験がないので、ほとんど高校生が始めてバンド組んだ、みたいな状態です。
講師の方は専門はベースですがすべての楽器ができる人で、そんな私達に
バンドアンサンブルの色々を教えてくれました。
最初に取り掛かった曲は確か田村直美の「ゆずれない願い」だったかな。

そして、この「奥様バンドスクール」には年に1回の発表会があり、私達も
発表会に出ることになったのです。
その発表会は「マザーズエプロンパーティー」といいます。(笑)
バンド始めたばかりでまだ人前で演奏するなんて考えられなかったのですが、
目標ができると俄然やる気が出てきます。
始めての発表会で他の奥様バンドの方達の演奏を見て、とても刺激を受けま
した。実は私達が一番若手でした。ほとんどの方々は子育てが一段落して
バンドをやっているといった感じで、40代の方が多かったと思います。
つくづく、幼児を抱えてバンドやってるって無謀なことだなあ、と感じまし
たね。。。。

そんなこんなで始めたバンドは、途中、キーボードが加入したり、メンバー
チェンジも何度かありましたが、なんとか続いてきています。踏んできた
ステージも35回を越えました。私個人は、ちっとも演奏が上達しませんが、
バンドとしては、やはり場数をこなしてきただけあって、ずいぶん最初の頃
に比べたら上手くなっていると思います。
私が変化したことっていったら。。。。
前は、「上手く弾こう」という意識が強くて、ライブの後、録音したものを
聞いて落ち込んだりしていたのですが、最近はライブを楽しめるようになって
きました。失敗したとかそういうことは関係なく、楽しく演奏できたらそれで
よし、みたいな。
余裕ができたのか、それとも向上心がなくなったか。。。。
そういえばドラムの人も同じこと言ってましたね。
最近、上手く演奏しようということにこだわらなくなった、って。

これからどうなっていくかな。
私は、どんな形でもずっと続けていきたい。
還暦ライブが目標ですから~~~~。
スポンサーサイト