上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウンセラー カウンセラー
松岡 圭祐 (2005/02)
小学館

この商品の詳細を見る

臨床心理士、嵯峨敏也が登場する“催眠”シリーズです。

13歳の少年によって引き起こされた一家惨殺事件。
家族を殺された女性教師は復讐の鬼と化してしまいます。
少年法に守られて裁かれない犯人を自らの手で。。。。
そして、その復讐の念は、家族を殺した犯人だけでなく世の中の少年犯罪者
すべてに向けられていきます。

これを読んだときはまだデスノートが映画公開されていませんでしたが
今思うとデスノートにちょっと似てるかも?

ストーリー自体も「正義」ってなに?とか、少年法の是非とか、興味深いこと
を含んでいますが、私が松岡作品で好きなのは、登場人物の心理描写とか、
心理学的な分析です。
本書も随所に精神医学、心理学の知識が詰め込まれています。
どこまでが学問的に本当のことか私にはわからないので、あまりにも現実離れ
したことは、創作だろうなあ、と思ったりもしますけど。。。。
病気を治療したり命を救う医者もすばらしい職業だと思いますが、心を病んだ
人を苦しみから救うカウンセラーという職業もすばらしいです。

長女は松岡圭祐の「催眠」と「カウンセラー」を読んで心理学に興味を持ち、
一時期、「大学で心理学を勉強する」「将来臨床心理士の資格を取ってカウン
セラーになる」と言っておりました。最近は聞かないので、もう冷めちゃった
のかもしれませんけどね。

あとこの小説、前半はかなりグロテスクな場面が含まれているので、そういう
のが苦手な人はオススメしません。松岡圭祐にしてはめずらしいかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。