上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.10 遺作
20110810_205253.jpg

先月の30日に実家の父が永遠の眠りにつきました。
最後は家族や親戚に見守られて、苦しむ事もなく静かに静かに息を引き取りました。
先週までは私もいろいろ大変でしたが、今週からは普段の生活に戻りました。

写真は父が作った木彫りのお面です。
会社を定年退職してから教室に通い始め、昔から細かいことが得意で凝り性なのでハマっていました。
たまたま実家の近くにあるそば処で貸しギャラリーをやっているところがあり、父は2年ほど前から
申し込んでいたようです。
2年待たされてやっと父のお面が展示されたのは入院してから半年後の6月のことでした。
1ヶ月近く展示されていたので、私も見に行きましたが、とても趣きのあるお店で照明が効果的に
使われていい感じに展示してありました。



20110810_210429.jpg 20110810_210522.jpg 20110810_210825.jpg

本人が見ることができなかったのは残念ですが、多くの人に見てもらえてよかったです。

一番上にある写真のお面は私が形見としてもらってきました。
こうして遺してもらえたのは本当にありがたいことです。
スポンサーサイト
2011.07.06 ぴあの思い出

ぴあ

情報誌の草分け的存在「ぴあ」が7月21日発売号をもって休刊となります。
中学生の頃からずいぶんとお世話になりました。
当時は映画館の窓口でぴあを見せると鑑賞料が割引になったような記憶があります。

ぴあの「はみだし」。(はみだしYOUとPIA)
好きだったなあ。
はみだしとか売ります買いますとか紙面を最大限に活用してましたね。
何もかもが新しかったような気がします。
映画にジャンルのマークがついているのはとても参考になりました。

大学生の時、ぴあ主催のオリエンテーリングに参加したことがあります。
2人ペアだったので、友達と申し込んでたまたま抽選で当たったんだと思います。
スタート地点はぴあ本社前。
そこでおそろいのトレーナーを配られて、みんなそれを着て参加するのです。
確か黄色いトレーナーだったような気がします。
オリエンテーリングの名の通り、ヒントを頼りに場所を移動しながら問題を解いて
ゴールを目指します。
赤坂とか結構いろんなところに行かされて、最終的なゴールは新宿住友ビルの三角広場でした。
途中迷ったりして時間がかかったので、着いたらもうたくさんの人達がゴールしてました。
1位の人達から表彰されていって賞品をもらっていました。
自分達は遅かったし参加賞のトレーナーだけかぁ、でも楽しかったなあ、と思っていたら。。。。

「シークレットタイムを発表します」と。

そして、どういう設定か忘れましたが、そのシークレットタイムに一番近かったということで
私たちが特別賞をもらいました!
賞品は当時の最新型のウォークマンでした。
録音機能がついていて、当時で確か3万円くらいするものでした。
これはよく使いましたよ。
今でもどこかにあるんじゃないかな?

そんな思い出もあり、ぴあは自分にとってほんとにいろんな思い出の詰まったものです。
高校時代に初デートでぴあ握り締めて行った映画とか、、、(遠い目・・・)

インターネットが普及してきて紙ベースの情報が廃れ、ぴあも週刊から隔週刊になり、
そしてとうとう休刊となります。
寂しいなぁ。。。。
及川さんの表紙イラストも懐かしいですね。
今、ぴあ最終号スペシャルサイトで及川正通氏のぴあ表紙作品1300点を見ることができます。
あぁ、この表紙覚えてる!っていうものありますよ。

最終号は買わなきゃ。
みんな書店へGO!
パラキス

先週の土曜日6/4に公開となった映画「パラダイス・キス」。
ひょんなことからこの映画にエキストラで参加しました。

撮影は残暑厳しい昨年の9月。

お目当ては向井理さん

映画の撮影現場は初めてだったけど、とーっても貴重な体験ができました。
TVドラマと違ってカメラの切り替えがないから1本のカメラで何度も何度も同じ場面を
違うアングルから撮ったりするんですね。

私は、服飾専門学校の文化祭におけるファッションショーのホールの表にいる人々、でした。
ただ歩いたり、数人で立ち話したりするだけのエキストラです。
それでも半日かけて、3つくらいのシーンを撮りました。
当の向井くんはなかなか出番がありません。
やっと向井くん登場!!
初!生!向井くんです。
ヤバイくらいかっこいいですよ!
向井くんがスタンバって、これから撮影という時になんと夕立が!!!
雨がやむまで、建物の中で30分くらいだったか1時間くらいだったか待っている間、
もう目の前に向井くんが!!
たぶん同じように向井くんのファンがたくさんいたと思うけど、誰も話しかけに行ったり
しません。
映画の撮影現場だし、役者さんは集中したいでしょうから、みんなその辺はちゃんと
わきまえてます。

そんなこんなでしばらく待ってましたが、結局雨もやみそうにないので撮影は中止と
なりました。
もしかしたら同じ画面に映るかな~という淡い期待は敗れました。。。。
でも、間近で向井くんとか北川景子ちゃんとか山本裕典くんとか見れたし、良かった!!

その映画ですが、公開前に試写会で観て来ました。
自分が参加したシーンは5分くらいになってました。
半日→5分
よーく見てたけど、自分を発見できませんでした。
そんなもんか。。。
DVDが出たら借りてもう1回見てみよっと!

2011.05.13 メルトダウン
DSC_0004.jpg

昨日、5月12日(木)の朝日新聞夕刊の記事を見て青ざめました。
というか、やっぱり?ですか。
福島第1原発の1号機がメルトダウンて。

「実際には核燃料は形状を保っておらず、大半が溶けて底にたまっているとみられる。」

「核燃料が圧力容器の外に漏れているとは考えていないが、可能性は否定できない。」

なんて恐ろしいことが載ってます。。。。

可能性は否定できない、か。
なんかあいまい。

少なくとも底に穴が開いて水が漏れているのは明らからしい。

ヤバイと思う。

それでも今朝のTVではそんなに取り沙汰されていなかったなぁ。
アイドルの自殺のことばかりで。。。。

2011.04.21 ストレス
今日は愚痴モードです。

私が最近ストレスに感じている事に、私の両親の病気に対する家族の「無関心」があります。
娘たちはたま~に「おじいちゃんどう?」とか聞いてくれますが、夫は全く聞いてきません。

最初に父が倒れたと連絡が来た時、その翌日に私は仕事を休んで見舞いに行きました。
その日、夫は帰ってきても何も尋ねてきませんでした。
それから間もなく母の認知症がわかりましたが、そのことに関しても同じような反応です。

父が入院したのが12月中旬でしたが、いつまでたっても見舞いに行こうとしないので、
私は兄たちの手前義理が立たないなぁ。。と思ってました。
結局見舞いに行ったのは3月の連休の時です。

私が実家に行ったり病院に見舞いに行っていることを知っていても様子を尋ねてくることは
ありません。
私の方から話してもTVの画面を見ていたりして、ちゃんと聞いてるのかなあ。。という感じ
で、それがとてもストレスになるので、もう最近は話さなくなりました。

別に私たち仲が悪いわけではないんですよ。
他のことではよく話すし、一緒にお酒も飲むし。
でも私の実家のことにはなんか触れたがらない、という感じがするのです。
男の人ってそんなもんなのでしょうか??
仕事が忙しくて面倒なことに関わりたくない、とか思っているのかなぁ?

なんにしろ、身近にいる人が話しを聞いてくれないのは辛いです。
でも、1人いろいろ相談している友達がいるので助かっています。
その話はまた後ほど。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。